コラム

コラム

2017.05.24

EDとビタミン

ED治療薬・ED補助薬は大宮ユナイテッドクリニックまで

ED治療・早漏治療専門の大宮ユナイテッドクリニック(大宮・さいたま・浦和)では、ED治療薬バイアグラ(シルデナフィル)・バイアグラジェネリック・レビトラ(バルデナフィル)・シアリス(タダラフィル)、早漏薬プリリジー(ダポキセチン)などを低価格で処方しています。また、ED治療薬と合わせて服用頂くことで、より効率的なED治療が期待できるED補助薬も多数ご用意しております。今回はその中から「ビタミンB」「ビタミンC」についてお話ししていきます。

ビタミンB群の効能とEDへの効果

一口にビタミンBと言っても、ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシン・パントテン酸などその種類は多様に存在します。働きや含有量の高い食物もそれぞれ異なりますので、詳しくは下記をご確認下さい。

成分名と主な効能 多く含まれる食物
ビタミンB1(疲労回復) 玄米、豚肉
ビタミンB2(成長促進) うなぎ、卵
ビタミンB6(代謝に関連) マグロ、バナナ
ビタミンB12(赤血球の形成に関連) 牛乳、レバー
ナイアシン(肌を健康に保つ) マグロ、牛乳
葉酸(新しい細胞の生成に必要) 小松菜、卵
ビオチン(髪や皮膚の健康に必要) ピーナッツ、アーモンド

 

この中で特にEDと関係性の高いものがビタミンB1・ビタミンB6・ビタミンB12の3種類です。ビタミンB1は脳(神経)の働きを活発にし、性的刺激をスムーズに脳に伝達できるようになります。そしてストレス軽減効果を持つビタミンB6と、神経系の働きを整えるビタミン12は心因性EDに対する高い効果が期待できます。

ただし、これだけを摂取していればEDが完治するということはなく、例えば勃起力の維持には糖や亜鉛、たんぱく質といった栄養素の摂取も必要になります。ビタミンB群は代謝には不可欠であり健康の維持にも重要な役割を果たす栄養素ではありますが、単体で全てを賄える万能の性質を持つわけではありません。健康維持の面と同様に、ED治療においても必要な栄養素をバランス良く摂取していくことが最も大事なことなのです。

ビタミンCの効能とEDへの効果

ビタミンCは抗壊血病因子として発見された水溶性ビタミンで、化学的にはL-アスコルビン酸のことを指します。多くの動物は体内でブドウ糖を基にしてウロン酸サイクルからビタミンCを合成することができるのですが、人間は合成に必要なL-グロノ-Y-ラクトン酸化酵素が欠損しているため体内でビタミンCを合成することができず、食物から摂取する必要があります。余談になりますが、例えばモルモットなどもビタミンCを体内で合成することができません。ビタミンCは熱に弱いため、効率良く摂取するには果物や野菜を積極的に食生活に取り入れるのがお勧めです。ビタミンCを摂取することで、以下のような効果が期待できます。

・ストレスへの抵抗性を高める

ストレスに抵抗するには副腎にて生成される副腎皮質ホルモン(アドレナリン・ノルアドレナリン・コルチゾール)の働きが欠かせません。このホルモンの生成時に大量にビタミンCが消費されるので、欠乏していると副腎ホルモンが十分に生成されない=ストレスへの抵抗力が弱まります。

・血流悪化の防止

赤血球の生産補助及び鉄分の吸収を強化してくれるため、貧血や疲労に対する予防・防止効果が見込めます。脳への血流低下による酸素不足は全身疲労・倦怠感・集中力低下・無気力など、中枢性疲労と呼ばれる症状を引き起こします。勃起とは海綿体に血液が流入することで起きる現象であるため、血流悪化はEDとも密接な関係を持っています。

・他の栄養素の吸収促進

疲労回復効果のある鉄分やマグネシウムを筆頭に、様々な栄養素の吸収効率を高めてくれます。特に鉄分の吸収促進効果が優れており、一例として野菜などに多く含まれているものの体内吸収率が5~10%と極めて低い非ヘム鉄を、ビタミンCと同時に摂取することで吸収率を2.9倍に高めることができたという報告があります。

・抗酸化効果

ビタミンCは活性酸素の働きを抑制してくれます。本来、活性酸素は有害な細菌やウィルスを攻撃し身体を守る役割を担っていますが、増えすぎてしまうと健康な組織や血管までをも攻撃してしまう「酸化ストレス状態」に陥り、尿病や高血圧、高脂血症、動脈硬化といった生活習慣病の発症を招きます。これらの生活習慣病はEDの原因にもなり得るため、ビタミンCの摂取がEDの予防・治療に役立つのです。もちろん、美容やアンチエイジングといった効果も期待できます。

・免疫強化

身体の免疫機能を高めてくれることがわかっています。

ED治療・早漏治療なら大宮ユナイテッドクリニックへ(大宮・さいたま・浦和)

ED治療・早漏治療のユナイテッドクリニック東京の各員ではED治療薬のバイアグラ処方レビトラ処方・シアリス処方・バイアグラジェネリック(シルデナフィル)処方、早漏治療薬プリリジー処方を東京最安値で出来るよう目指しています。

当院ではED治療・早漏治療のご相談や治療薬の処方を致しております。思い悩む前にお気軽にご来院ください。ご相談のみでも構いません。

ED・男性更年期障害に効果がある亜鉛やビタミンB、マカ等の取り扱いもしており、様々な悩みに対応できます。

アクセス良好(池袋・上野・新宿・渋谷・新橋・大宮・横浜)

大宮ユナイテッドクリニックはJR大宮駅から徒歩0分で受診でき、非常にアクセス良好です。JR大宮駅(西口)を出て真正面に大宮ユナイテッドクリニックの入る山中ビルが見えます。陸橋上のあるオブジェの左、東京三菱UFJ銀行の看板前の階段を下りて3件目、1階に不動産MASTが入る山中ビルの5階が当院です。

JR大宮駅(西口)  徒歩0分
 東武野田線・大宮駅  徒歩0分
 埼玉新都市交通・大宮駅  徒歩0分

大宮ユナイテッドクリニックは京浜東北線、宇都宮線、高崎線、上野東京ライン、湘南新宿ライン、埼京線、川越線、ニューシャトル、新幹線(東北・北海道・山形・秋田・上越)からアクセスできます。

また近隣にコインパーキングも多くあり、車での受診も可能です。

さいたま(大宮・浦和)・川口・川越・熊谷・所沢・春日部・上尾・草加・越谷など埼玉県各地から受診されています。また高崎・前橋・伊勢崎・宇都宮・栃木・佐野など群馬・栃木県からも御来院されています。

処方価格はお薬代のみ・プライバシーに配慮

ユナイテッドクリニックは初診料・再診料は無料で、処方価格・購入費用は薬剤費のみです。格安・激安・最安値で処方できるように努力いたします。またすべての院が駅近の立地でかつ、ひとめにつかずご来院頂けるようプライバシーに最大限の配慮を致しております。

池袋院・上野院・新宿院・渋谷院・新橋院・大宮院・横浜院へお越しください

ユナイテッドクリニック東京の各院ともターミナル駅近でアクセス良好です。

池袋院 JR池袋駅北口そば(20b出口横 ニイミビル7階)、西口徒歩0分 TEL:03-6907-1942
上野院 JR上野駅入谷口そば、御徒町駅徒歩4分(入谷口前の1階にサンクスが入った早稲田ビルヂング8階) TEL:03-6231-6472
新宿院 JR新宿駅西口徒歩2分、都営大江戸線新宿西口駅D5出口徒歩0分、西武新宿線西武新宿駅徒歩2分(一階に餃子屋が入った守屋ビル8階) TEL:03-6908-8347
渋谷院 JR渋谷駅ハチ公改札口徒歩2分 地下3a出口徒歩0分(SHIBUYA109を正面から見て右側に隣接する玉久ビル4階) TEL:03-6427-0522
新橋院 JR新橋駅銀座口・東京メトロ銀座線新橋駅徒歩0分(JR新橋駅銀座口を直進、メトロ銀座線新橋駅2番口そば、1階にファミリーマートのリプロ新橋4階) TEL:03-6264-6480
大宮院 JR大宮駅西口、徒歩0分(駅前陸橋を降りて3軒目の山中ビル5階) TEL:048-871-8239
横浜院 JR横浜駅きた西口、徒歩3分(1階に床屋「スカット」が入った第7浅川ビル4階A室) TEL:045-594-9983

また新橋駅には飛行機で東京へお越しの方、上野院・大宮院には新幹線で東京へお越しの方が大勢いらっしゃいます。ユナイテッドクリニックには池袋・新宿・渋谷・目黒・五反田・上野・御徒町・神田・秋葉原・東京・有楽町・八重洲・銀座・品川、等、東京はもちろん、埼玉(さいたま・大宮・川口・浦和)、千葉(船橋・千葉・柏・松戸)、神奈川(横浜・関内・川崎)などから多く来院されています。

PAGE TOP
タップで電話発信します
048-871-8239
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト