コラム

コラム

2017.08.21

レビトラ服用時の注意点

ED治療・PE(早漏症)治療専門の大宮ユナイテッドクリニック(大宮・さいたま・浦和)では、ED治療薬バイアグラ(シルデナフィル)・バイアグラジェネリック・レビトラ(バルデナフィル)・シアリス(タダラフィル)、早漏薬プリリジー(ダポキセチン)などを低価格で処方しています。全ての薬剤について、埼玉県で最安値で処方できるよう努力しております。今回はバイアグラ・シアリスとともに3大ED治療薬に数えられているレビトラについて、性質や使用上の注意などをお話していきたいと思います。

レビトラとは

レビトラはバイアグラに次いで登場した第2のED治療薬です。狭心症に対する薬剤として開発され、研究の最中にEDへの有効性が発見されたバイアグラに対し、レビトラは最初からED治療にターゲットを絞り開発・研究されてきました。ED治療薬としての特性はバイアグラに近いものになっています。すなわち、服用してすぐに効果が発揮される即効性タイプで、長時間持続タイプのシアリスと比較すると、しっかりとした硬さを得られる効果の高さが大きな魅力です。レビトラの主成分である「バルデナフィル」は水溶性に富んでいることから水に溶けやすく、即効性の高さに繋がっています。

レビトラの由来と歴史

レビトラの製造を手掛けるバイエル社は、ドイツに本社を置く世界有数の製薬会社です。「レビトラ(LEVITRA)」の名は、フランス語の男性定冠詞「le」と、ラテン語の「vitra」(「生命」の意)を繋げたのが由来と言われています。直訳で「男性の生命」となり、男性としてのプライドやアイデンティティをも脅かしかねないEDを治療する薬剤としてはうってつけのネーミングと言えるのではないでしょうか。

レビトラがFDA(米国食品医薬品局)の承認を受けたのは2003年8月のことで、翌2004年の4月には厚生労働省の承認を受け、同年の6月からは日本でも販売がスタートしています。しかし、承認当初は5mg錠と10mg錠のみが対象であり、現在の最高用量である20mg錠が承認されたのはさらに3年後、2007年7月のことでした。その時点での最高用量である10mg錠では、生活習慣病や脊髄損傷といった重篤なEDの症状が出やすい疾患を抱えた方に対する十分な効果が見込めなかったため、再度の安全確認を経て、満を持して20mg錠が承認を受けることになったのです。効果の高さから上記の疾患を抱えていない方にも人気が広がり、現在ではいきなり20mgから服用を開始するという方が大半のようです。

レビトラの適応と併用禁忌について

このように、即効性タイプとしてはバイアグラと人気を二分するレビトラの20mg錠ですが、高齢者の方、具体的には65歳以上の方が服用するには注意が必要です。というのも、レビトラの中で20mg錠のみが65歳以上の方を適応外としているからです。実際、レビトラに同封されている取扱説明書の「用法・用量」の欄には、「高齢者(65歳以上)、中程度の肝障害のある患者については、本剤の血漿中濃度が上昇することが認められているので、5mgを開始用量とし、最高用量は10mgとする」との記載があります。現在レビトラの20mg錠を愛用中の方も多くおられるかと思いますが、60歳を超えている方についてはなるべく早期に、年齢制限のないバイアグラやシアリスへの切り替えを検討して頂くことを強く推奨致します。もちろん、まだ若い方でも将来を見据えて他薬への切り替えをして頂くことも可能です。「切り替えを検討しているが他の薬剤についての知識がなく、どれを選べばいいかわからない」などお悩みの場合は、ユナイテッドクリニックにてスタッフにお気軽にご相談ください。

また、レビトラにはバイアグラやシアリスと比較すると禁忌の対象が多いという欠点もありますので、ED治療薬以外に服用中の薬剤がある方はご注意下さい。

・硝酸剤
・抗ウイルス剤(HIV治療薬)
・内服の抗真菌薬
・抗不整脈薬
・慢性血栓塞栓性高血圧症の治療薬

上記の薬剤を服用中の方及び、

・レビトラ錠に対し過敏症(アレルギー)歴のある方
・医師から性行為自体が不適切と診断された方
・6ヵ月以内に脳梗塞・脳出血・心筋梗塞の既往がある方
・重度の肝障害をお持ちの方
・血液透析が必要な腎障害をお持ちの方
・極端な低血圧、または高血圧の方
・不安定狭心症の方
・網膜色素変性症の方

上記のいずれかに該当する方はレビトラを服用頂くことができません。診察の際は、必ず現在服用中の薬剤や持病などがわかるものをご準備下さい。

ED治療・早漏治療なら大宮ユナイテッドクリニックへ(大宮・さいたま・浦和)

ED治療・早漏治療のユナイテッドクリニック東京の各院ではED治療薬のバイアグラ処方レビトラ処方・シアリス処方バイアグラジェネリック(シルデナフィル)処方、早漏治療薬プリリジー処方を東京最安値で出来るよう目指しています。

当院ではED治療・早漏治療のご相談や治療薬の処方を致しております。思い悩む前にお気軽にご来院ください。ご相談のみでも構いません。

ED・男性更年期障害に効果がある亜鉛やビタミンB、マカ等の取り扱いもしており、様々な悩みに対応できます。

アクセス良好(池袋・上野・新宿・渋谷・新橋・大宮・横浜)

大宮ユナイテッドクリニックはJR大宮駅から徒歩0分で受診でき、非常にアクセス良好です。JR大宮駅(西口)を出て真正面に大宮ユナイテッドクリニックの入る山中ビルが見えます。陸橋上のあるオブジェの左、東京三菱UFJ銀行の看板前の階段を下りて3件目、1階に不動産MASTが入る山中ビルの5階が当院です。

JR大宮駅(西口)  徒歩0分
 東武野田線・大宮駅  徒歩0分
 埼玉新都市交通・大宮駅  徒歩0分

大宮ユナイテッドクリニックは京浜東北線、宇都宮線、高崎線、上野東京ライン、湘南新宿ライン、埼京線、川越線、ニューシャトル、新幹線(東北・北海道・山形・秋田・上越)からアクセスできます。

また近隣にコインパーキングも多くあり、車での受診も可能です。

さいたま(大宮・浦和)・川口・川越・熊谷・所沢・春日部・上尾・草加・越谷など埼玉県各地から受診されています。また高崎・前橋・伊勢崎・宇都宮・栃木・佐野など群馬・栃木県からも御来院されています。

処方価格はお薬代のみ・プライバシーに配慮

ユナイテッドクリニックは初診料・再診料は無料で、処方価格・購入費用は薬剤費のみです。格安・激安・最安値で処方できるように努力いたします。またすべての院が駅近の立地でかつ、ひとめにつかずご来院頂けるようプライバシーに最大限の配慮を致しております。

池袋院・上野院・新宿院・渋谷院・新橋院・大宮院・横浜院へお越しください

ユナイテッドクリニック東京の各院ともターミナル駅近でアクセス良好です。

池袋院 JR池袋駅北口そば(20b出口横 ニイミビル7階)、西口徒歩0分 TEL:03-6907-1942
上野院 JR上野駅入谷口そば、御徒町駅徒歩4分(入谷口前の1階にサンクスが入った早稲田ビルヂング8階) TEL:03-6231-6472
新宿院 JR新宿駅西口徒歩2分、都営大江戸線新宿西口駅D5出口徒歩0分、西武新宿線西武新宿駅徒歩2分(一階に餃子屋が入った守屋ビル8階) TEL:03-6908-8347
渋谷院 JR渋谷駅ハチ公改札口徒歩2分 地下3a出口徒歩0分(SHIBUYA109を正面から見て右側に隣接する玉久ビル4階) TEL:03-6427-0522
新橋院 JR新橋駅銀座口・東京メトロ銀座線新橋駅徒歩0分(JR新橋駅銀座口を直進、メトロ銀座線新橋駅2番口そば、1階にファミリーマートのリプロ新橋4階) TEL:03-6264-6480
大宮院 JR大宮駅西口、徒歩0分(駅前陸橋を降りて3軒目の山中ビル5階) TEL:048-871-8239
横浜院 JR横浜駅きた西口、徒歩3分(1階に床屋「スカット」が入った第7浅川ビル4階A室) TEL:045-594-9983

また新橋駅には飛行機で東京へお越しの方、上野院・大宮院には新幹線で東京へお越しの方が大勢いらっしゃいます。ユナイテッドクリニックには池袋・新宿・渋谷・目黒・五反田・上野・御徒町・神田・秋葉原・東京・有楽町・八重洲・銀座・品川、等、東京はもちろん、埼玉(さいたま・大宮・川口・浦和)、千葉(船橋・千葉・柏・松戸)、神奈川(横浜・関内・川崎)などから多く来院されています。

PAGE TOP
タップで電話発信します
048-871-8239
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト